img_01

マンション経営での税務調査について

マンション経営をしていれば税務調査が入ることもあります。

こうなるとどうすれば良いのか分からないという人も多いでしょう。

和歌山の新築一戸建てを情報を幅広くご活用下さい。

調査の結果が言い渡されることになるのですが、この場合には納得できないこともあります。

もしも修正を指摘された場合には税額が変更されることになります。
納得できないばあいもあると思いますが、そのときには税務署長に対して異議申し立てを行う事はできます。そして、これによって解決することができる場合もあるのですが、その判断にも納得できない場合が多いでしょう。もしも納得できない場合には審査請求を行う事ができます。

これで解決できる場合もありますが、そうではない場合には裁判を起こすことになるでしょう。

和歌山市の新築一戸建ての情報はここで調べよう。

実際に裁判を起こすことはあまりないようですから、それ以前に何とか妥協するのが一般的です。


税務調査が行われて指摘されたときには、指摘されたとおりに修正申告をするのが一般的です。

和歌山の新築について考えます。

マンション経営では色々な事をしなければなりませんから、指摘されたとおりに修正をして申告しておきたいというのは多くの人が考える事でしょう。
しかしながら、修正申告をしてしまった場合には異議申し立てを行う事はできなくなりますから注意が必要です。


もしもマンション経営の税務調査に納得ができていない場合には、修正申告をする前に異議申し立てをしなければならないという点に注意しておく必要があります。納得できない場合にはすぐに異議申し立てをするべきでしょう。